「パレード」 | thinkstep株式会社


「パレード」

 川崎の二ヶ領用水(にかりょうようすい)の桜を4月最初の日曜日に見に行った。川に沿って植えられたソメイヨシノの花は川の両側の道からよく見える。すぐ目の前に花が見えるのがこの場所のいいところだ。

 道から一段下がった川沿いの遊歩道は花見の宴会で盛り上げっていたけれど、何といっても一番印象に残ったのは、小学校の管楽器クラブの行進だ。人通りの多い道を小さな子供が大きな管楽器を抱いて行進する姿が何とも言えず新鮮でした。あいにくの曇り空だったけれど、思いっきり楽器を吹き鳴らす姿は自信に満ちていたし、明るい音色の金管楽器はあたりの雰囲気も一瞬のうちに変えていたのだった。どうやらドラえもんのテーマソングらしい。耳慣れたメロディーで道を歩いている人々も笑顔になった。何か……子供向けの絵本に出て来そうなメルヘンチックな風景だと思いませんか。もちろん、管楽器には桜の薄いピンク色が映り込んでいます。

 

 思いもかけないプレゼントをもらった時の心の揺らぎでした。スガシカオの「午後のパレード」の弾むようなリズムを連想して歩き続けた。

 

 2020年のオリンピックに向けておもてなしが色々なケースで話題になっている。海外からの観光客が迷うようなシステムを減らすとか、海外の人でも理解できる表示にするとか海外から来て困ることは何かというような視点で考えることが一つ。

 

 もう一つは、小学生の管楽器クラブの行進のようなサプライズだ。観光に来られた人々も、国や地域に関係なく心の温まるサービスは誰もが好きだ。「春だ!桜だ!上を向いてラッパを吹こう!」というような“純”な心が察せられると感激はひとしおです。最高のおもてなしとなり、色々な会合できっと伝えてくれる未来へ続く思い出となるでしょう。

 

 LCA(ライフサイクルアセスメント)やサステナビリティーの分野でお客様とつながっている私どもとしても、お客様に喜んでいただくのはどういうことかをもう一度襟を正して考えてみようと思う。

 

 “パレードはとまらない”気分が続いている。春だからだろうか?(C)

コメント 1件

  1. skylineR31gts Says:

    川沿いのソメイヨシノ、きれいだったでしょうね。私も関東地方に住んでいた時には、多摩川沿いの桜をよく見に行っていました。この時期になると、その光景を思い浮かべます。

    今年は、こちらでは土曜日と満開が重なりましたので、何か所か花見をしてきました。とても素晴らしかったです。

    気候変動により植物の生態系が影響を受けることも考えられますが、毎年、この時期にはきれいな花を咲かせて頂きたいものです。

コメントをどうぞ