「目玉クリップ」 | thinkstep株式会社


「目玉クリップ」

 居間を中心に、我が家では最近、その便利さに取りつかれこのクリップが増えている。目玉クリップだ。銀色のバネ式のクリップで、つまみ部分に穴が開いており、目のように見える。この穴のおかげでファイルした書類を壁のフックに掛けておくことができる。

 

 このクリップのいいところはわずかの力で口が大きく開くので、厚みのある書類を挟みやすく、しかもホールドする力が強いことだ。指を挟んでみると結構バネが強いので痛い。鼻など挟まない方がよい。鼻は洗濯バサミに任せておけばよい。この目玉クリップをどの国のだれが発明したのか知らないが、挟むという役目をしっかり具現化していて、武骨であるがしゃれている。

 

 妻はレシートを挟むことに利用しているし、大切な書類をまとめて取っておく時にも利用する。目玉の付いたレバー部が飛び出しており、きれいに箱や引き出しに収まらないので、その突出感ゆえに束を紛失することがない。自分が便利だと思っているのは、何といってもせんべいの袋の口を目玉クリップで止めるという使い方だ。

 

 袋の中には薄く透明なトレーとせんべいがつまっている。トレーはスーパーの棚で、せんべいの見栄えを良くし、袋を手に取った時にせんべいが壊れないために入れられている。家では、そのせんべい袋の背骨のようなトレーを取り出し、空いた空間を利用して袋口を折り、目玉クリップで封をしておく。

 

 せんべいを食べたいときにクリップを緩め、食べ終わったらまた閉じる。簡単だ。

 

 この目玉クリップ。形状に無駄がない。挟む口の部分はわずかに板がまげてあり、剛性もしっかりしている。ぺなぺな感がなく、しかも機能的で美しく、どの国の人でも挟む道具だと認識できる。だれもが目玉部分を親指と人差し指でつまんでみるだろう。

 

 材料の選定が良い。高価でもないし、部材ごとに適材適所。おそらくリサイクルも簡単なはずだ。この製品、LCAの優等生といえようか。

 

 表彰状を目玉クリップ自身、その発明者、製造している方々に差し上げたい。(L)

コメント 1件

  1. skylineR31gts Says:

    「目玉クリップ」のことは全く知りませんでした。念のため私の職場にないか確認しましたが、それらしきモノは見当たりませんでした。普通に文具店に売っているのでしょうか。

    本ブログを拝見して、俄然見て見たくなりました。何だか素敵なクリップに思えてなりません。私もせんべいの袋に活用したいと思います。

コメントをどうぞ