thinkstep 日々雑感 | thinkstep株式会社


thinkstep 日々雑感 カテゴリー記事一覧

「減築コンセプト」

家の改築を計画している。地震対策も含めたものだ。 2011 3 11 日金曜日に発生した東北地方太平洋沖地震ははっきり覚えている。大地震に対して、とりあえず私の対応できることは多くないけれど、家の耐震性を検査してみようと思っている。 続きを読む »


「北米産江戸前」

北米産の新名物が江戸前の食材として話題になっているという。ホンビノスガイという北米産二枚貝が千葉県沖で増えているのだ。「あの貝だな!」。米国駐在員時代に日本を思いながら食べたあの貝にちがいない。 続きを読む »


「新孔版画」

“プリントごっこ”を使って、新孔版画と呼ばれる芸術活動として楽しんでいる人たちの作品を見た。デジタル印刷と違い、色のずれ・紙の質感。インクのかすれなどに版画独特の味わいがある。 続きを読む »


「タングステン・リング」

生け垣は若葉が出て来るころに古い葉が散っていく。道に落ちた葉の中に、指輪を2つ発見した。わが家の角でのことだ。見た目、男性用と女性用に見える。持ち主の名前らしき刻印はないけれど内側にTUNGSTENと刻印がある。 続きを読む »


「日本のスマホ」

パナソニックと神戸大学は、毛筆の細かな筆遣いをタッチパネル上で再現する技術を開発したという。これは、私が待っていた技術に近いのではないか?心が落ち着かない。 続きを読む »


「よけるロボット」

だいぶ前の記憶だ。公共広告機構のポスターで江戸時代のマナーとして、傘をさして狭い路地ですれ違うばあいには、少し傘を傾けて相手も通りやすくしてすれ違うという所作を江戸しぐさとして紹介していた。 続きを読む »


「封筒メモ」

最近、アナログ記録の方が記憶に残るように思いませんか。子供のころから染み付いた漢字練習帳スタイルの記憶術がよみがえっているのかも知れない。「漢字は頭で覚えるのではなく、手で覚えるのだ。」とたくさんの人に言われてきました。 続きを読む »


「桜の季節」

ポツリポツリと咲いてきた。桜が咲いてきた。4月の満開が待ち遠しい。淡いピンクの光を辺りに撒き散らしてくれる。そしてしっとりとした花びらがひらひらと舞いながら落ちてくる。この時期、思いっきり桜の生命力に浸ることにしている。 続きを読む »


「チームワーク」

86 回選抜高校野球の入場行進曲は AKB48 の「恋するフォーチュンクッキー」だ。 AKB に詳しくないけれど 2013 年夏に流行ったこの歌、略して「恋チュン」の行進曲が甲子園に流れ、全国高校球児が行進すれば、球場全体に若々しさが満ちる。春だ。 続きを読む »


「タイミングと場」

思いも寄らないニュースとはこんな風に飛び込んでくるのだろうか。あの南岸低気圧と呼ぶには本州沿岸から南に下がりすぎて、雪は降らなかったが天候が崩れた日曜日の朝だ。NHK「日曜美術館」を見た。“自ら学び 革新せよ ~日本画家たちの戦い~” 続きを読む »