thinkstep 日々雑感 | thinkstep株式会社


thinkstep 日々雑感 カテゴリー記事一覧

「乾かす権利」

今、米国で、住民組織などが物干しを禁止してはならないとする「乾かす権利」を保障する州法の成立が相次いでいるという記事を見た。確かに洗濯物を干している光景は米国にいても余り見たことがなかった。“貧乏人のすること”という意識が定着していたからだと思う。洗濯物を物干しに干すことがそんなに格好悪いことなのか?乾燥機を持っていることがそれほど裕福なことなのか? 続きを読む »


「ニューノーマル」

駅の自動券売機の案内表示灯の上に今年もツバメが巣作りを始めた。突然駅にあらわれた自然観察教室。子どもたちや通勤客は不思議そうに眺めている。エッ、今年もマタここに。でも、みんなの眼差しはどこかやさしい。 続きを読む »


「ある日突然」

始祖鳥の化石の研究が進んだ。新聞の記事によるとそれは鳥の祖先と呼べないかもしれないというのだ。滑空するだけの恐竜なのではないかという説である。「始祖鳥」という進化体系の中で別格な名前をもらったこの生き物も自ら体を浮き上がらせることもできない“並み”の恐竜の一つだったのか。 続きを読む »


「一味」

6 11 日に開幕するサッカーワールドカップの日本代表が発表された。世界のレベルは高そうだし、今までの日本代表候補選手の試合を見る限り大きな期待はかけられそうもない。しかし、日本代表チームで使われるマークにある三本足の烏にあやかり、頭脳的なプレーとチームプレーで大いに世界の強豪チームを慌てさせてほしい。 続きを読む »


「プチプチ」

昨日、注文したジュースの瓶詰めが届いた。きれいに「プチプチ」で包んである。早速、指先で気泡をつぶし、気分転換をはかった。指先の破裂音とかすかな衝撃が気分を休め、疲労感を和らげる。つぶしたからといって何かに使えるわけではない。ただひたすらテレビを見ながらつぶすのみ。 続きを読む »


「重い電子」

遅まきながら、我が家でもLED電球を初めて使ってみた。とりあえず、何の違和感もなく、快適である。これで10年間この電球を交換しなくてもいいのだと安心している。経済産業省が作った「エネルギー基本計画素案」では「発光ダイオード(LED)や有機ELなどの高効率照明を30年までに全世帯に取り付ける」となっている。少しばかり貢献。 続きを読む »


「新社会人」

電車の中に新入社員を見かける。社内研修などで新しい仲間と知り合いになったのだと思う。混雑した車内で、近すぎず、遠すぎない微妙な距離をおいて会話が進んでいる。笑顔にあふれた空間がある。新社会人にお願いしたい。「新しいエネルギーを社会に思う存分注いでもらいたい。夢を見守って欲しい、夢をつくってほしい。夢をそだてて欲しい。」 続きを読む »


「水メジャー」

最近水ビジネスに関するニュースが多い。人口増加にともなって、世界の水市場が急激に拡大してきているのだ。日本のように降水量が多く、水と空気は当たり前という風土とは違い、世界では水をいかに安定供給するかを必至に考えている地域や国々がある。水メジャー間の競争になりそうだ。 続きを読む »


「たばこの吸殻」

家の周りを掃除している、小さな箒で掃いていると、単純な動作が雑念を払ってくれる。散歩する人が気持ちよく歩けるように。桜の季節も終わりに近づいている。散った花びらはシワシワになって多少わびしいが、桜散る風情を作ってくれたことを桜に感謝したい。でも、桜の花びらに混じるたばこの吸殻は気分を暗くする。違和感あり。 続きを読む »


「3D元年と小心者」

先日電車の座席を見て驚いた。7人がけのシートすべての人が携帯電話やゲーム機を見ていたのである。別にグループではない。何か新しい情報がないと不安になるような世情なのだろうか。全員の目が画面に注がれていて、電車に乗っているという現実から一歩距離を置いているようにも思える。 続きを読む »